不動産投資を行うメリットいろいろ

不動産投資ではキャピタルゲインとインカムゲインの両方の収益が狙えます。キャピタルゲインは投資物件を売却したときに得られる差益のことです。
地価が上がっていけばそれだけ多くの差益を得ることが出来ますが、地価が下がるとかえって損失が出てしまうことがあります。
インカムゲインは投資した物件を貸出しし、賃料から得られる収益のことです。

賃料はあまり景気の変動を受けない傾向があるので安定した収益が期待できると言うのが大きなメリットです。
定期預金よりも利回りの高い投資物件が多いです。

さらに不動産投資は現金で所有するより建物として所有した方が評価額が低くなり相続税や贈与税対策として有効と言うメリットもあります。
金融機関から不動産投資に必要な資金の融資を受けた場合、団体信用生命保険に加入していれば万が一ご本人が亡くなってもご家族に借金が残らない上にご家族に投資物件を受け継がせることが可能です。

不動産投資を行う際に一棟買いだと大きな資金が必要ですが一部屋で空室が出来ても他の部屋からの賃料でカバーしてくれます。
一部屋買いだと比較的少ない資金から行えますが空室が出来るとインカムゲインが入らなくなってしまいます。
空室が出来ないように建物に付加価値を付けたり賃料を下げたり何らかの工夫が必要です。キレイモキャンペーン